携帯小説家が乗り越えるもの

携帯小説を魔法のiらんどのようなレンタルスペースを利用して物語を発表すると、多くの読者に励まされたり声援を送られたりしてアクセス数が増えてきます。ファンが多く集まり、ランキングで人気が上昇してくると今度は誹謗や中傷の書き込みがサイトの掲示板に増えてくることもめずらしくない。

あるケータイ人気作家は、登場人物は実在する実話の小説を投稿していたが、『文章力がない』『矛盾がある』『実話じゃないんだろう』とかいうものに始まり、登場人物に対する批判や非難が多数書き込まれるようになりました。

このような誹謗中傷がいやになって、投稿を一度は中止してみたものの、多くの読者から再開要望が出てきました。この時に自分の心の中で整理し、誹謗中傷に対しては真っ向から取り組むことにしたそうです。

その結果、単なるいたずらと真剣な意見の違いがわかるようになり、対応の仕方もわかってきて今では誹謗中傷の類はなくなったそうです。

発言のモラルの低さや言葉の暴力、嫉妬、やっかみ、怒り、感情に支配されることは、乗り越えなければ続けられないでしょう。
この記事へのコメント
小説の内容のモラルを問うべきでしょう
Posted by at 2008年01月09日 09:53
小説のモラルは気にならないのか?
Posted by at 2008年01月10日 09:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4669779

この記事へのトラックバック

ケータイ小説:女子中高生に人気 体験もとに刺激的場面も−今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
Excerpt: ケータイ小説:女子中高生に人気 体験もとに刺激的場面も−今日の話題:MSN毎日インタラクティブ  小説を携帯電話の画面上で読んだり書いたりする「ケータイ小説」が、女子中・高校生を中心に人気を呼んでい..
Weblog: BookLovers〜書籍情報ニュースブログ
Tracked: 2007-07-11 20:12