携帯小説って

携帯電話のサイトで書かれる小説全般のことです。
携帯小説は、携帯小説サイトに自分の作った小説を載せるというものです。

ケータイ小説を読んだり、自分の作品を投稿できるサイトとしては「魔法のiらんど」が有名です。

書き手と読み手の距離が近いことが特徴で、「共感できる」などの理由から、10代から20代の女性を中心に支持を集めている。

書き手の年齢の大半が10代や20代前半の素人なので「同じ目線で」書かれているということで同年代の読者から共感を呼び、人気を集めています。

最初期のケータイ小説としてはYoshiの『Deep Love』がよく知られている。

2006年ごろから、ケータイ小説を書籍化にすることが盛んになり、数十万部も売れているものもあるという。


携帯で気軽に見れるのがこれの良いところだそうです。ホラーやオカルト、推理小説、ファンタジーなどのジャンルがあるが、人気の小説の内容は恋愛ものが大半で、ほとんどが20歳前後の若者が書いているのが人気です。人気のあるものは本になり、書店で売られています。去年の小説売上げベスト10にも携帯小説が入って、書店で本が積まれて売れている。

実際、携帯小説家なるものが出ています。携帯で印税生活ですか。すごいですね。これからも続々と出てくるのでしょうか。